>

他人の目線を借りてみる

客観視できるかどうか

骨格診断やパーソナルカラー診断から導く服選びはありますが、客観視できるかどうかは大きなポイントとなっていますね。
客観、といえば他人に見てもらうというのも手です。
ファッションに詳しい友人だったり、ショップの店員だったり、服に興味がある人は身近にいると思いますが、その人に頼んで一回見てもらうのも良いでしょう。
店員はプロなので色々と相談するのは大丈夫です。

毎回頼むわけにはいきませんが、一回でも見てもらうと何か気づきがあるかもしれません。
自分だけでは絶対わからないというポイントは必ず存在します。
ファッションセンスを磨くきっかけにもなるでしょう。
流行というものが大きい世界ですので、そういった情報も仕入れるのに有効です。

アプリを使ってみよう

おしゃれな友人やショップ店員に聞くのは気後れする…という人には、コーディネートをしてくれるアプリを活用するのも良いかもしれません。
数々の種類があるので、特色を汲んで使ってみましょう。

無料で使えるものとしては、手持ちの洋服を登録してそこからコーディネートしてくれるものもあります。

有料で使えるアプリの中には、プロのスタイリストにコーデを頼めるものもあります。
自分の情報や好みを入力し、アプリを通して送信すると似合った服をコーディネートしてくれるというものです。知らなかったブランドや、思いもよらないスタイリングに出会えるというメリットがあります。スタイリング料金はかかりますが一考する価値はありますね。


この記事をシェアする